封筒型5種ロイヤルハーブティー (緑)

カモミール・ティー/レモンマートル・ティー/ルイボス・ティー/タイム・ティー/スイートバジル・ティー

販売価格:378円(税込)

内容量 : 6.5g
(カモミール1.5g×1袋、レモンマートル2.0g×1袋、ルイボス2.5g×1袋、タイム2.0g×1袋、スイートバジル2.0g×1袋)

原料原産国:ドイツ(カモミール、タイム、スイートバジル)、オーストラリア(レモンマートル)、南アフリカ(ルイボス)

製造国:スリランカ

※複数商品を購入される方は、「カートへ入れる」ボタンをクリック後に移動するページ(当社ショッピングサイト)でご変更ください。

商品説明

ジョージスチュアートティから新ブランド「ロイヤルハーブティー」が新登場。

5種の「ロイヤルハーブティー」はハーブの個性を存分に届けるため、あえてブレンドせずに単品のハーブを使用。
カフェインレスで妊婦さんにもおすすめです。

英国女王にも献上された、同国最古の紅茶ブランドのオリジナル製品をお届けします。

ジョージスチュアート5種類のロイヤルハーブティー×1個の5袋入の封筒型。
グリーンを基調とした上質感あるパッケージで封筒型のため郵送がしやすい形状です。
プチギフトやノベルティにも最適です。

5種の魅力を気分に応じて飲み分けられるのでそれぞれの個性をお楽しみください。

1袋ずつアルミ個包装されていますので香りが長持ち、ティーバッグタイプ。

【5種のロイヤルハーブティー】

●カモミール・ティー

甘い香りでまろやかな味わい。世界で飲まれる代表的なハーブティー。

●レモンマートル・ティー

すがすがしいレモンの香りだがレモンのような酸味はない。
現地アボリジナルの人々は「森の恵み」と呼ぶ。

●ルイボス・ティー

南アフリカ共和国特産。紅茶のような香りとほのかな甘み。
すっきりした後味で最近注目のお茶。

●タイム・ティー

最も親しまれているハーブのひとつ。
ギリシャでは気品・勇気の代名詞として飲まれていた。

●スイートバジル・ティー

バジルの芳ばしくスパイシーな香りと清涼感のある味わいが楽しい、クセになるハーブティー。

商品情報

【内容量】

6.5g(カモミール1.5g×1袋、レモンマートル2.0g×1袋、ルイボス2.5g×1袋、タイム2.0g×1袋、スイートバジル2.0g×1袋)

【原材料】

カモミール・ティー>カモミール(花)
レモンマートル・ティー>レモンマートル(葉)
ルイボス・ティー>ルイボス(葉・茎)
タイム・ティー>タイム(葉)
スイートバジル・ティー>スイートバジル(葉)

【お届けの状態】

常温

【アレルゲン】

なし

【賞味期限】

2023年

【原料原産国】

ドイツ(カモミール、タイム、スイートバジル)、オーストラリア(レモンマートル)、南アフリカ(ルイボス)

【製造国】

スリランカ

【おいしいハーブティーの入れ方】

あらかじめ温めておいたカップにティーバッグを落とし、熱々のお湯を注いでください。
2〜3分を目安に蒸らして完成です。

<George Steuart Tea(ジョージスチュアートティー)とは>

George Steuart は、1835年に英国人船長James Steuartによって設立された、スリランカ(前セイロン)で最も歴史の古い紅茶メーカーです。内戦前はセイロンという国名だったスリランカ。スリランカでピンと来ない人も、「セイロンティー」は聞いたことがあるのではないでしょうか。英国からの独立後も紅茶文化は残り、国策として茶園国有化まで計画され、同社もその計画に深く関わっています。「インド洋の真珠」と謳われるほど美しく肥沃な土壌は、茶園を作るのに最適だったのです。180年以上を経た現在でも、手摘みの伝統的な技法で作られる同社の紅茶ですが、現代の嗜好に合わせて少しずつ新しいフレーバーを開発。革新的な老舗として世界中で愛されています。日本では、2014年、当時の在日スリランカ大使の推薦もあって正規販売が始まった、まだ新しいブランドです。

<George Steuart Teaが選ばれる理由>

George Steuart Teaは、英国女王陛下に献上し感謝状をいただいたこともある、格式高い紅茶です。スリランカ産の茶葉を100%使用し、伝統的技法で一貫製法されています。一方で、現代人のスタイルに合うよう、リーフ以外にもトライアングルバッグ、気軽に試せるティーバッグなど、多数ご用意しています。フレーバーも、定番からオリジナルまで20種以上と多様。必ず好みのフレーバーが見つかるラインナップです。また、香りも風味もフレッシュなので、ストレートはもちろん、アイスティーやミルクティーでも美味しくいただけます。
日本での販売が始まってわずか2年で、ANAのビジネス・ファーストクラスに搭載、さらに翌年にはANAの全てのラウンジにも採用され、着実にファンを増やしています。