甘夏のフルーツサラダ ハイビスカスの塩ジュレ添え

【材料(4人分)】
甘夏…1個/ハーブ(バジル、ミントなど)…適量

[ハイビスカスの塩ジュレ(作りやすい分量)]
ハイビスカスシナモン(ティーバッグ)…1個/ジンジャー&フェンネル(ティーバッグ)…1個/湯…250㏄/きび砂糖…大さじ1杯/塩…小さじ2/3杯/寒天…2g

[チーズクリーム]
クリームチーズ…75g/きび砂糖…20g/レモン汁…大さじ1杯/豆乳…大さじ1杯

作り方

①鍋に水(250cc)、「ハイビスカスシナモン」と「ジンジャー&フェンネル」のティーバッグを入れて火をつける。

②沸騰したら火を止め、蓋をして蒸らす(3分)。

③ティーバッグを引き上げ、きび砂糖(大さじ1杯)・塩(小さじ2/3杯)・寒天(2g)を加えて混ぜたら、再度火をかけて寒天を溶かす。

④バットに③を流し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。

⑤甘夏は種側から十字を入れて皮を剥き。実を崩さないように白い房から取り出す。

⑥クリームチーズ(75g)にきび砂糖(20g)を加えて練り混ぜる。

⑦さらにレモン汁(大さじ1杯)と豆乳(大さじ1杯)を加え、滑らかになるまで混ぜる。

⑧チーズクリーム(③)の中に甘夏(⑤)を入れ、身を崩さないように和える。

⑨皿に⑧を盛り、ハイビスカスの塩ジュレ(④)を細かく崩しながら添え、仕上げにハーブを飾る。

※チーズケーキのようなクリームを纏った甘夏を、マゼンダカラ―のハイビスカスティーに塩を効かせたジュレが引き立ててくれます。夏の前菜やデザートにおすすめです!

レシピ考案者:望月じゅん

望月じゅん画像

料理家/シニアオイルソムリエ/クリエイティブディレクター

野菜やハーブを主役に、オイル・発酵・スパイスをテーマにした季節の草木料理を提案。

レシピ制作やフードコーディネートの他、季節のごはん会、オイルのワークショップなどを定期的に開催。

「心地よさ」「整える」「つなげる」を大切にした食と健康のプロジェクト『寧月-shizuq-』を運営。

このレシピに使った紅茶

「ハイビスカス&シナモン」を含む商品

「ジンジャー&フェンネル」を含む商品

この記事を書いた人