Column
紅茶コラム

スリランカの紅茶の特徴

英国の伝統があります

International Tea Committee国際茶業委員会(ITC)によると、2019年の茶生産量は614万9600トンで、国別順位では インド、ケニア、スリランカ、インドネシア、中国となっており、インド、中国と並ぶ世界三大名産地と称しても過言ではないでしょう。ですが、紅茶の性質はインド、中国とは異なるのです。

中国はキーマンを代表とするお茶の一大産地ですが約6割の緑茶、以外に紅茶、烏龍茶など発酵茶以外のお茶が広大な国土の中で水質や食習慣、地理的要因で多くの種類のお茶が存在しています。さすがにお茶の発祥地(スリランカの紅茶の木の原産地は中国南部とされています)ならではのバリエーションですね。

インドは世界第一位の茶生産国です。伝統的な製法のダージリン地方で作られるダージリンやミルクティーに最適なアッサムが有名で、日本でも馴染みのある産地名です。ダージリンはシーズンによって特徴が大きく変化し、ファンも多い産地です。

George Steuart Teaの産地スリランカは湿気を含む熱帯山岳地帯で気象条件によってスリランカでは一年を通じ島のどこかで茶を摘み取ることが可能で、良質紅茶栽培に適した地です。また、モンスーンなどの気候による寒暖差や地理的要因で味が異なる5箇所の有名産地があり、標高によって特徴が分かれます。

- ウヴァ(適度なコクとキレの良い渋みがもたらすあと味。ミント系の清涼感が特徴)
- キャンディ(芳ばしい香りと軽い渋み。まろやかな飲み口は、日本人に殊に愛されています。)
- ディンブラ(黒褐色の細かい茶葉とバラのような香り。濃い風味なのに渋みは軽やかです。)
- ヌワラエリア(緑茶系の甘い香りで鋭い渋み。「セイロン紅茶のシャンパン」と称されます。)
- ルフナ(ほのかに甘く、真っ黒で細かい茶葉。濃いオレンジ色のスモーキーで濃厚なコク)

また、お茶は農産物であり、発酵食品でもあります。そのため、安定した良質の紅茶にはティーブレンダーによる製品味作りが欠かせませんが、イギリスの植民地時代に構築された『いつ、どの茶園で、どのエリアで製造されたか』わかる明確なロットナンバーが原料茶に与えられていますので、混ぜ物がない本物の紅茶をお届けできるのです。 植民地は決して悪い部分だけでなく、英国様式の伝来や品質管理の向上など、良い部分も残してくれています。

紅茶の簡単で美味しい煎れ方

少しの工夫でより美味しく

George Steuart Teaはティーバッグが中心。本格的な紅茶を簡単に煎れられますが、以下のポイントでさらに美味しくなります。
ぜひ、お試しください。

 水の味を確かめましょう

軟水なら短め、硬水なら長めの抽出時間が基本ですが、水道水の場合でも、季節によって硬度が変わります。
また、水は汲みたてが酸素を含んでいるので良いです。ペットボトルのミネラルウォーターはおすすめしません。

 お湯は必ず熱湯で

お茶の味と旨味をしっかり抽出します。紅茶の可溶成分は抽出温度が最低90℃です。
ヤカンは鉄分を含まない材質に気をつけましょう。二度沸かしの湯や沸かしすぎの湯も酸素が逃げてしまいます。

 紅茶に入れる甘みはグラニュー糖をおすすめします

グラニュー糖以外は色変わりやタンニンなどの成分と結合してしまう可能性があります。

 ミルクは牛乳を

できれば低温殺菌牛乳を常温に戻して使って下さい。

紅茶と健康(カフェイン編)

紅茶はコーヒー半分のカフェイン!

紅茶好きは比較的女性が多く、妊婦さんからもカフェインについて質問を頂きますが、
あくまでも紅茶は食品・飲料です。調べた所、どうやら、適切な量なら問題なさそうです。

紅茶にはどのぐらいカフェインが含まれているのでしょうか?

文部科学省「食品成分データベース」より計算しましたが、
紅茶の浸出液(浸出法:茶5 g/熱湯 360 mL、1.5分~4分 カフェイン:0.03 g、タンニン:0.10g)
(コーヒーの約半分)であることがわかりました。 George Steuart Teaのティーバッグは一杯分2gなので、カフェイン量を計算すると上記÷2.5=0.012g よって、
George Steuart Tea紅茶360ml中にカフェイン量は約12mgと計算されます。

妊婦さんのカフェインに対する影響を調べました

厚生労働省の見解では、国際機関の情報を引用し、カフェインの過剰摂取(エナジードリンクなど)について注意喚起をしていました。
食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A  

また、農林水産省も同様にカフェインの過剰摂取の注意喚起をされています。
カフェインの過剰摂取について 

上記の2つの注意喚起記事の中で

>英国食品基準庁(FSA)妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mgに制限するよう求めています。

>欧州食品安全機関(EFSA)は、2015年にカフェインについてリスク評価を行っています。 妊婦及び授乳婦については、習慣的なカフェイン摂取に関し、1日当たり200 mgまでであれば、胎児や乳児の健康リスクは増加しないと評価しています。

とあり日本では食品安全委員会(内閣府)が英国食品基準庁(FSA)の基準で妊婦の一日当たりの悪影響のない最大摂取量を200ml〜300mlと設定しています。
食品中のカフェイン - 食品安全委員会 

よって、通常1日数杯飲む程度ではカフェインの影響があるとは考えにくいとなります。
むしろ、ホッと一息つけるのでストレス解消になるのでは?
が、どんなものでも食べ過ぎ、飲み過ぎはカラダに悪いと思いますし個人差もありますので自己判断で!

Instagram 【#georgesteuarttea】