リーフとティーバッグの違い(仮)

かならずしも「リーフティーのほうがおいしい」わけではない

リーフティーについて(仮)

ダミー

【リーフティー編】おいしい紅茶のいれ方

①ティーポット・ティーカップを温めておく

②お湯を沸かす(汲みたての水道水がベター)

③ティーポットに茶葉を入れる(1杯あたりの目安を確認して計量)

④ティーポットに沸騰したお湯を注いでフタをする

⑤さらにティーコジー(ポットカバー)をかぶせて蒸らす
 細かい茶葉…2分前後/大きい茶葉…3分前後

⑥ティーポットの中をティースプーンで軽くかき混ぜる

⑦ティーストレーナー(茶漉し)を使って、最後の一滴(ゴールデンドロップ/ベストドロップ)まで注ぎ切る

リーフティーのメリット

本格的

閉じ込められていない分、茶葉がよく動く、開く

保温性のあるティーポットで湯温を高く保ったまま抽出ができる

特別感がある

紅茶をいれる手間と時間が優雅

ちょっといいプレゼント

茶葉の量を調整できる

茶葉の量で「あっさり飲みたい」「濃い目でといった」調整ができる

割安

たくさん飲む人はリーフのほうがお得

リーフティーのデメリット

紅茶をいれるためのアイテムが必要(仮)

・ティーポット
・ティーカップ
・ティーストレーナー(茶こし)
・ティースプーン
・ティーコジー(ポットカバー)

(他社の紅茶メーカーが出している商品以外)

手間がかかる

茶葉の計量が必要

茶殻の処理

洗い物

仕上がりが不安定

いれる人の技術・知識などに左右される

ティーバッグについて(仮)

ジ。

【ティーバッグ編】おいしい紅茶のいれ方

①ティーカップを温めておく

②お湯を沸かす(汲みたての水道水がベター)

③ティーバッグを軽く広げ、茶葉をほぐしてからティーカップに入れる

④ティーポットに沸騰したお湯を注いでフタをする
 1~2分

⑤ティーバッグを引き上げ、ティーバッグの角を下にして最後の一滴(ゴールデンドロップ/ベストドロップ)まで注ぎ切る

ティーバッグのメリット

手軽

時間と場所を選ばない

持ち運べる

技術を必要としない

失敗しづらい

味・香りを抽出しやすい

リーフティーよりも茶葉が細かくなっているケースが多く、おいしさを抽出しやすい。

抽出途中に茶葉の産毛から出る泡(あく)などがバッグの中に閉じ込められ(いっしょに引き上げられ)、雑味の少ないクリアな味わいになる。

トライアングルバッグについて

茶葉の計量が不要

分量を間違えない。安定したおいしさ。プロが指定した分量。

劣化しにくい

酸化を防ぐアルミ個包装

毎回開けたての鮮度の高い味わいを楽しめる

贈る相手を選ばない

誰でも簡単にいれられる

処理が楽

抽出後の茶殻の処理が楽

洗い物が少ない

メッシュが細かいため、細かい茶葉が出てこない

ティーバッグのデメリット

割高になる?

包装の手間がかかる分、割高になりがち。

茶葉の量の調整ができない

湯量や抽出時間での調整・工夫が必要になる

こんな人にはリーフティーがおすすめ

・紅茶を飲む機会が多い

・必要な茶器が揃っている

・紅茶について充分な知識がある

・アレンジも含めて紅茶を楽しみたい

こんな人にはティーバッグがおすすめ

・紅茶を飲む機会がそこまで多くない

・手軽に紅茶を楽しみたい

・カジュアルな紅茶ギフトを探している

ダミー