ハーブティーがもたらす30種類の効果とハーブティーの正しい楽しみ方

突然ですが、みなさんは「ハーブティー」についてどれくらい知っていますか?

「リラックス効果がある?」
「ノンカフェイン?」
「寝る前にカモミール?」

これくらいの情報量で止まっている方、わりと多いのではないでしょうか。
そして、今回のコラムはそんな方にこそぜひ読んでいただきたい内容となっています。

たとえばハーブティーに使われるハーブ、何種類くらいあると思いますか?

結論から言いますと、本コラムの執筆にあたって調べただけで約100種類(おそらくまだまだあります)。そして、リラックス効果はハーブティーの作用の一部にすぎません。ハーブがもたらす効果はその種類によって様々です。

そんなハーブティーの基本情報、おいしいハーブティーのいれ方、ハーブティーを楽しむうえでの注意点をお伝えしていきたいと思います。

身体にやさしいハーブティーの基礎知識

ハーブティーは、簡単に言うと植物の葉・茎・花などから味・香りを抽出した飲み物です。

チャノキの葉
各種ハーブ

チャノキの葉を主原料としている紅茶・緑茶・烏龍茶などとは異なり、使用する植物によって様々な味や香りを楽しめます。

ハーブティーはカフェインレス

ハーブティーの魅力として広く知られているのは、カフェインレス(=カフェインの含有量が少ない)ということです。

実際、ノンカフェインのハーブティーもありますので、健康上の理由からカフェインの摂取を控えている人にとってはうれしいポイントですよね。

ただ、1つだけ注意していただきたいのですが…。
実は「すべてのハーブティー=ノンカフェイン(カフェインが含まれない)」ではありません。

後述しますが、中にはカフェインを含むハーブティーもあるということを頭に入れておきましょう。

使用するハーブごとに異なる様々な効果がある

・リラックス効果

・自律神経を整える効果

・安眠を促す効果

ハーブティーにこのような効果があることは多くの方がご存知だと思いますが、ハーブの種類が違えば当然その効果も変わってきます。

全97種類のハーブについて、それぞれどのような悩み・症状を緩和する効果があるのかを以下にまとめました。

ハーブの種類悩み・症状
アーティチョーク夏バテ、肝機能の低下
アイブライト眼精疲労、花粉症
アニスシード風邪、口臭、下痢、便秘
アルファルファ疲労、夏バテ、むくみ
アンゼリカルート風邪、胃もたれ、便秘、更年期障害
エキナセア花粉症、風邪、肌荒れ、ニキビ、口臭、むくみ
エルダーフラワー夏バテ、花粉症、風邪、肌荒れ、シミ、冷え
オートムギ緊張、眼精疲労、更年期障害
オリーブ風邪
オレガノ頭痛、風邪、口臭
オレンジピール不安、気落ち、不眠
オレンジブロッサム不安、気落ち
カモミール苛立ち、不安、不眠、頭痛、花粉症、風邪、肌荒れ、口臭、
胃もたれ、下痢、便秘、貧血、生理痛、更年期障害
ギムネマ高血糖
キャットニップ風邪、下痢、便秘
キャラウェイ風邪、下痢、生理痛、産前・産後の悩み
ギンコウ集中力の欠如、
クリーパーズ風邪、便秘
コーンシルクむくみ
ゴツコーラ集中力の欠如、シミ、ニキビ
コリアンダー便秘
コルツフット風邪
サフラワー貧血、生理痛、更年期障害、冷え
サマーセイボリー便秘、冷え
シェパーズパース下痢、むくみ
ジャスミン気落ち、口臭
ジュニパーベリーむくみ
ジンジャー苛立ち、疲労、風邪、胃もたれ、冷え
スイートバジル気落ち
スカルキャップ不安、緊張、眼精疲労、ニキビ、生理痛
セージ風邪、口臭
セロリシード便秘、むくみ
セントジョンズワート苛立ち、不安、緊張、気落ち
ソーパルメット前立腺機能の低下
タイム気落ち、眠気、集中力の欠如、花粉症、風邪、
下痢、便秘
ダンデリオン 夏バテ、肌荒れ、ニキビ、便秘、肝機能の低下、貧血、
生理痛、産前・産後の悩み、むくみ
チェストツリー生理痛、更年期障害
チコリ便秘、肝機能の低下
トゥルシー苛立ち、不安、緊張、疲労、気落ち、風邪、胃もたれ
ネトル花粉症、肌荒れ、ニキビ、便秘
バードックルートニキビ、便秘
バーベイン不安、緊張、気落ち
ハイビスカス疲労、夏バテ、眼精疲労、シミ、産前・産後の悩み
パセリ花粉症
バタフライピー眼精疲労、冷え、むくみ
パッションフラワー苛立ち、不安、不眠、頭痛、更年期障害、冷え
バレリアン不安、不眠、眼精疲労、貧血、更年期障害
ヒースむくみ
ヒソップ不安、眠気、風邪
ビルベリー眼精疲労、高血糖
フィーバーフュー頭痛、生理痛
フェヌグリーク産前・産後の悩み
フェンネル風邪、下痢、便秘、産前・産後の悩み、むくみ
ブラックコホシュ生理痛
ホーステール集中力の欠如
ホーソンベリー集中力の欠如
ホップ緊張、不眠、更年期障害
ボリジ産前・産後の悩み
マーシュマロウ風邪、下痢
マジョラム不眠、風邪、肝機能の低下
マテ疲労、集中力の欠如、眼精疲労、貧血
マリーゴールド花粉症、肌荒れ、ニキビ、下痢、生理痛、更年期障害、
むくみ
マルベリー肝機能の低下
マレイン風邪
マロウブルー風邪
ミルクシスルニキビ、肝機能の低下、産前・産後の悩み
ミント苛立ち、不安、不眠、眠気、夏バテ、頭痛、花粉症、
風邪、ニキビ、口臭、胃もたれ、便秘、二日酔い、
肝機能の低下、生理痛
メドゥスイート風邪、胃もたれ、肝機能の低下
ヤロウ風邪、生理痛、冷え
ユーカリ風邪
ラズベリーリーフ下痢、産前・産後の悩み
ラベンダー苛立ち、不安、緊張、疲労、気落ち、頭痛、
下痢、更年期障害
リコリス頭痛、花粉症、風邪、肝機能の低下
リンデン不安、緊張、気落ち、不眠、風邪、二日酔い、
更年期障害、冷え
ルイボス花粉症、肌荒れ、シミ、二日酔い、肝機能の低下
レッドクローバー花粉症、風邪、肌荒れ、ニキビ、更年期障害
レディスマントル生理痛
レモングラス苛立ち、気落ち、不眠、眠気、夏バテ、胃もたれ、
二日酔い、むくみ
レモンバーベナ苛立ち、眠気、夏バテ、二日酔い
レモンバーム苛立ち、不安、緊張、気落ち、不眠、眠気、頭痛、
眼精疲労、風邪、口臭、胃もたれ、下痢、便秘、
二日酔い、更年期障害、冷え
レモンピール苛立ち、疲労、夏バテ、風邪、シミ、ニキビ
ローズ気落ち、不眠、花粉症、肌荒れ、便秘、更年期障害
ローズヒップ疲労、夏バテ、花粉症、風邪、肌荒れ、シミ、ニキビ、
便秘、貧血
ローズマリー緊張、気落ち、眠気、集中力の欠如、更年期障害、冷え
ワイルドストロベリー胃もたれ、下痢、肝機能の低下
アシュワガンダ疲労
ターメリック肝機能の低下
カルダモン便秘
クローブ風邪、口臭
シナモン夏バテ、花粉症
カキの葉疲労、夏バテ、風邪、肌荒れ、シミ
クマザサ風邪、口臭、胃もたれ
ゲットウ肌荒れ
ゲンノショウコ胃もたれ
シソ緊張、疲労、花粉症、風邪、冷え
ドクダミ風邪、便秘、肝機能の低下、冷え、むくみ
ハトムギ疲労、肌荒れ、シミ、胃もたれ、下痢、便秘、むくみ
参照:佐々木 薫(2021)ハーブティー事典改訂版『ハーブティーの種類と効果一覧』

ジョージスチュアートティーのハーブティー

先ほど97種類のハーブを紹介しましたが、ジョージスチュアートティーのハーブティーのラインナップは「カモミール・レモンマートル・ルイボス・タイム・スイートバジル」の5種類です。

5種ロイヤルハーブティー(ティーバッグ)
5種ロイヤルハーブティー(リーフティー)

市販されているハーブティーの中には複数のハーブをブレンドしたパッケージも多く見られますが、ジョージスチュアートティーのハーブティーはハーブ単体の味・香りをしっかりと感じられる「単一ハーブ×5種類」という構成になっています。

また、この5種類をベースに好みのハーブを加えることで、オリジナルブレンドのハーブティーを楽しむことも可能です。

カモミール

ハーブティーの定番として知られるキク科のハーブです。

消炎・鎮静・腹痛などの緩和・ストレスや不安の解消・不眠解消などの作用があります。

身体を温める効果もあるため、風邪のひきはじめや冷えの改善にもおすすめです。

レモンマートル

乾燥した葉が強い柑橘系の香りを放つことで「レモンよりレモン」と称される植物。

原産国のオーストラリアでは、先住民のアボリジニが古くから薬草として利用してきました。

その抗菌作用・リラックス効果は、メディカルハーブ(=健康・美容のために使用するハーブ)としても注目されています。

ルイボス

身体をサビつかせる活性酸素を取り除くことから、若々しさを保つための健康飲料として注目されているルイボスティー。

花粉症・喘息・アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を改善する効果もあると言われています。

タイム

殺菌力に優れ、風邪・インフルエンザ・胃腸炎などの感染症に効果を発揮。

また、気管を拡張して浄化して痰を取り除くことから、気管支炎・喘息の症状を緩和する効果もあります。

消化促進作用もあるため、食べ過ぎたしまったときの胃のケアにも最適です。

スイートバジル

やさしい香味があり、料理用としてもイタリアをはじめ世界各国で利用されているハーブです。

消化促進・胃炎・胃痙攣・胃酸過多など、胃腸の諸症状を改善するのに役立ちます。

また、イライラ・不安・不眠症などを改善する効果もあると言われています。

その他ハーブを使用しているフレーバーティー

上記以外にもハーブを使用している商品がありますので、紹介します。

※以下の7種類はいずれもフレーバーティー(紅茶)です。
 ハーブティーではございませんのでご注意ください。

シナモン&クローブ
【シナモン】
夏バテ、花粉症
【クローブ】
風邪、口臭
ジンジャー&フェンネル
【ジンジャー】
苛立ち、疲労、風邪、胃もたれ、冷え
【フェンネル】
風邪、下痢、便秘、産前産後の悩み、むくみ
コリアンダー&ナツメグ
【コリアンダー】
便秘
ターメリック&ブラックペッパー
【ターメリック】
肝機能の低下
オレンジブロッサム
【オレンジブロッサム】
不安、気落ち

ローズヒップ
【ローズヒップ】
疲労、夏バテ、花粉症、風邪、肌荒れ、シミ、ニキビ、便秘、貧血
ハイビスカスシナモン
【ハイビスカス】
疲労、夏バテ、眼精疲労、シミ、産前産後の悩み
【シナモン】
夏バテ、花粉症

おいしいハーブティーを楽しむための作法

ここまではハーブの種類と効果について説明してきましたが、よりおいしくハーブティーを楽しむためのポイントも合わせてお伝えできればと思います。

おいしいハーブティーのいれ方

まずは「ハーブティーのいれ方」ですが、特に難しいことをする必要はありません。

①ティーカップ(ティーポット)を事前に温めておく

②ティーカップ(ティーポット)にハーブを入れ、熱湯(95℃以上)を注ぐ

③フタをして蒸らす(抽出時間の目安は3分程度)

ハーブから味・香りをしっかりと抽出するためには、「熱湯(95℃以上)を使用すること」「なるべく高温を保ったままハーブを蒸らすこと」の2つが重要です。

蒸らしている間は外気を遮断できればいいので、フタつきのティーセットがない場合はラップなどで代用しましょう。

飲みごたえがイマイチな場合はさらに1~2分ほど抽出時間をとってもOKです。ただし、長すぎると雑味が強くなりますので注意してください。

ハーブティーのブレンド・アレンジを楽しむ

繰り返しになりますが、市販されているハーブティーの中には複数のハーブをブレンドしたパッケージも多く見られます。

その理由は、複数のハーブをブレンドすることでハーブごとに異なる効果を効率よく得られるだけでなく、味わいも豊かになるからです。

また、紅茶・牛乳・はちみつ・ドライフルーツなどを加えたアレンジもハーブティーの楽しみ方の1つです。

以下に2つのレシピを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

カモミールアーモンドミルクティー
ルイボス生姜ミルクティー

ハーブティーを楽しむうえでの注意点

「おいしい」「様々な悩み・症状を緩和してくれる」。いいことだらけのハーブティーですが、いくつか注意点もあります。

健全にハーブティーを楽しむためにも、きちんと把握しておきましょう。

過剰摂取は禁物

悩み・症状を緩和するハーブの効果は、薬のように即効性のあるものではありません。また、摂取量を増やしたからといって効果が大きくなるものでもありません。

短期的な過剰摂取には副作用・アレルギーを引き起こすリスクがありますので、絶対にやめましょう。

体質的に合わない場合がある

ハーブの種類によっては、そもそも体質的に合わないケースも多いです。

特に持病のある方や妊娠中の方は、摂取する前に医師などの専門家へ相談していただくことを強くおすすめします。

カフェインを含むハーブティーもある

ハーブティーの中には、紅茶やコーヒーのようにカフェインを含むものもあります。

もちろん「いれ方」にもよりますが、ジャスミン茶やマテ茶には紅茶と同程度のカフェインが含まれているケースも多いです。

また、大手飲料メーカーが販売している商品の中には、緑茶や紅茶をベースにあくまでも香りづけとしてハーブを使用しているものもあります。

健康上の理由によりカフェインの摂取を控えている方は「ハーブティーはノンカフェインだから大丈夫」と盲信せず、かならず医師などの専門家にご相談のうえでハーブティーをお楽しみください。

正反対の効果をもつハーブ同士のブレンドに要注意

独自のブレンドでハーブティーを楽しもうと思っている方は、ハーブ同士の相性に注意してください。

・ジンジャー:苛立ち、疲労、風邪、胃もたれ、冷え

・スイートバジル:気落ち

たとえば、ジンジャーの「イライラを抑える効果」とスイートバジルの「落ち込んだ気分を高める効果」は正反対ですよね。

この2つを組み合わせると、効果が相殺されてどちらの効果も得られなくなってしまいます。

ハーブをブレンドする場合は味・香りの相性だけでなく、それぞれの効果も踏まえたうえで組み合わせるようにしましょう。

以上、今回のコラムはハーブティーの話でした。

最後にお伝えしたとおり気をつけなければいけない点もいくつかありますが、適量のハーブティーを適切なペースで楽しむことは手軽に取り入れられる健康習慣です。

まずは日々の「コーヒー1杯」をハーブティーに置き換えるところから始めてみてはいかがでしょうか。